豊中市と協働しACP普及啓発ツールを製作します

omnihealでは、受託業務以外にも興味をもったプロジェクトを積極的に動かしています。
このたび、omnihealは大阪府豊中市が柔軟な発想と優れた技術力を持つ民間事業者等と協働して、地域課題の解決をめざすプロジェクト「Urban Innovation TOYONAKA(アーバンイノベーション豊中)」の1事業者として採択されました。今年度内に報告をまとめる予定です。

豊中版ACP(※)普及啓発ツールを市民とともに開発したい!~『もしも』のために考えてほしい医療やケアのこと~
※ 「Advance Care Planning (アドバンス・ケア・プランニング)」。将来の変化に備え、将来の医療及びケアについて、本人を主体に、そのご家族や近しい人、医療・ケアチームが、繰り返し話し合いを行い、 本人による意思決定を支援するプロセス。

豊中市ウェブサイトより

関連記事

  1. ITヘルスケア学会年次学術大会において、LINEを利用し上部消化管内視…

  2. 代表・石井が総務省の異能vationプログラム最終選考通過者に選出され…

  3. 代表・石井が「便秘薬に関する意識調査」を監修しました

  4. 2022年度デジタルハリウッド大学入試問題にて、代表・石井の記事が使用…

  5. IBDreamめし~アスリート編~トークイベント&試食会に代表・石井が…

  6. ヘルスケアコミュニティ「SHIP」メンバー同士が制作した対新型コロナウ…