常勤医師紹介:岩本 修一

経営視点も持つ創業メンバー

ーおうちの診療所の組織風土の発信地

創業時から常勤医師として診療現場に出ながら、組織設計やオペレーション構築など診療所づくりにも携わっています。麻酔科医や総合診療医として経験を積んだ後、病院経営やヘルスケアビジネスに関わるコンサルティングに従事しており、現在もコンサルタントと医師の二足のわらじです。おうちの診療所では、ITによる効率化も積極的に進めてきました。

ー複雑な家族の問題も任せて

ご自宅での生活を続けながら療養する在宅医療では、家族や連携先などの事情が複雑に絡み合って膠着している問題に出会うことがあります。そのような場合も問題が生じた背景を探り、課題を一つひとつ切り分けていけば解決の道筋が見えてきます。うまくいっていない状況を整理して改善していくプロセスはコンサルティングにも通ずるところがあるかもしれません。

Q&A

1.診療で心がけていることは?
患者さんの文脈を重視しています。カルテにACPに関わる情報を書き込んだり、今日に至るまでの経緯を関係者に積極的に聞いたりしています。

2.診療所の組織づくりでのこだわりは?
理念に沿うようにすることと、それを実際に関わる人が無理なく運用できるようにすること。1回ですべてがうまくいくことはないので、軌道に乗るまで見直しとアップデートを図ります。

●経歴

広島大学卒。福岡和白病院、東京都立墨東病院に勤務した後、2014年に広島大学病院総合内科・総合診療科助教に就任。経営学も修めており、2016年からは病院経営およびヘルスケアビジネスのコンサルタントとして活躍する。おうちの診療所では創業時から医師として診療する傍ら、CXO職も兼務。

【連載】
医療経営とDX

【関連記事】
全日本病院協会の総合医育成プログラムで当院の岩本医師がインストラクターを務めました
岩本医師が9月7日に行われる「医療・介護者の病院DXセミナー」で第2回の講師を務めます
岩本医師が『医療にまつわるお金の話』に登壇しました
当院岩本医師が「ケアマネージャー支援マガジン けあまね」に寄稿しました
当院の岩本医師が学会ワークショップを企画しました
当院医師3人のインタビューが『クリニックばんぶう』6月号に掲載されました

関連記事

  1. 非常勤医師紹介:澁谷泰介

  2. 非常勤医師紹介:宮本 研

  3. 常勤医師紹介:大野 洋平

  4. 非常勤医師紹介:物部 真一郎

  5. 非常勤医師紹介:金井研三

  6. 非常勤医師紹介:佐藤 晋平