非常勤医師紹介:宮本 研

透析領域も経験豊富な腎臓内科医

ー慢性腎臓病(CKD)を中心に診療しています

普段は大田区の髙野病院で内科部長をしており、専門は腎臓内科です。研修医時代から透析の勉強を始め、透析治療に携わって20年以上になります。病気を治療するだけでなく、リスクをお伝えしていくことも医師の大切な仕事です。腎臓内科医が在宅医療に入ることで、早期の段階で治療されていない腎臓病を発見し、進行を遅らせることも可能だと考えています。これまで多くのCKD患者さんの人生に向き合ってきた経験から、透析開始前の段階にも積極的に関わりたいと思っています。

ー来てくれてありがとうに応える診療

訪問診療は「感謝のやり取り」だと感じています。往診先では感謝されることもありますが、我々が患者さんやご家族に感謝することも多くあります。互いの信頼関係を大切に、患者さんの生活のなかに入っていくのにふさわしい診療を心がけています。

Q&A

1.医師を志した理由は?
代々医師家系で、曾祖父から数えて4代目。父から継承した企業で製薬企業向けのコンサルタントもしています。

2.腎臓内科を専門にした経緯は?
人工臓器としての治療法が確立しているのは腎臓だけ。研修中に透析治療を学び、強く興味を惹かれました。透析患者さんの社会復帰を支援したい思いもありました。

●経歴

福島県立医科大学卒。横浜市立大学医学部付属病院で研修後、第二内科へ入局。同大学にて循環器・腎臓内科学講座助教、千葉友愛会記念病院腎臓内科部長、千葉・柏リハビリテーション病院人工透析内科部長などをへて、訪問診療事業の立ち上げに従事。現在は総合病院でも内科医として勤務。医薬コンサルタント。

関連記事

  1. 非常勤医師紹介:物部 真一郎

  2. 常勤医師紹介:石井 洋介

  3. 常勤医師紹介:伴 正海

  4. 非常勤医師紹介:金井研三

  5. 常勤医師紹介:大野 洋平

  6. 非常勤医師紹介:澁谷泰介