非常勤医師紹介:澁谷泰介

幅広い症例に対応できる心臓血管外科医

ー得意分野は重症患者のマネジメント

おうちの診療所では不定期で非常勤医師として勤務しています。普段は横浜・横須賀にあるクリニックの副院長として働いています。主に診ているのは循環器疾患、生活習慣病、がんなどです。今も集中治療医として病院勤務もしているため、重症患者のマネジメントは得意です。

ー患者さんの満足度を大切にします

在宅医療は医学的な正しさがすべてではなく、患者さんとそのご家族の満足度も重要な指標のひとつだと思っています。そのため、患者さんやご家族がどのような希望を持っているのか、それに対してどんな医療を提供できるかを突き詰めて考え、患者さんが納得できる落としどころを作っていきたいです。

Q&A

1.医師を志した理由は?
テニスでケガをしてしまった際に診てくれた先生がかっこよかったから。はじめは整形外科を目指していました。

2.在宅を経験して意外だったことは?
昔は人の家に入るのに抵抗があったのですが、数々のお宅を訪問したことで、気張りすぎずに訪問できるようになりました。実家もこんな感じだったよな、と自分の実家を客観的に顧みる機会にもなっています。

●経歴

横浜市立大学卒、同外科治療学教室心臓血管外科入局。神奈川県立循環器呼吸器病センター・横浜市立大学附属病院を経て、2019年から1年間、ベルギー王国ルーヴェン・カトリック大学病院に留学。現在は、医療法人社団ユニメディコ副理事、サンライズファミリークリニックと山手台クリニックの副院長などを務める。

関連記事

  1. 非常勤医師紹介:物部 真一郎

  2. 常勤医師紹介:伴 正海

  3. 常勤医師紹介:石井 洋介

  4. 非常勤医師紹介:宮本 研

  5. 常勤医師紹介:岩本 修一

  6. 非常勤医師紹介:佐藤 晋平