当院医師3人のインタビューが『クリニックばんぶう』6月号に掲載されました

開業医向け総合情報誌の『クリニックばんぶう』6月号に、当院常勤医師3人のインタビューが掲載されました。「異色の医師たちによる新たな挑戦」という特別企画で、3ページにわたり取材いただきました。

昨年5月におうちの診療所目黒を共同開業した理由から、複数医師体制で医療の質を担保する工夫、地域包括ケアシステムのモデルケースづくりについてなど、3人がお答えしています。

明確な質の評価基準を確立し
持続可能性のある
在宅医療モデルをつくりたい

経営コンサルタントや厚生労働省医系技官、ゲームの開発・監修など、バラエティに富んだキャリアを持つ医師たちで昨年5月に立ち上げた、おうちの診療所目黒。目指すのは“植木鉢”の図で示される地域包括ケアシステムのモデルづくりだ。移植の医師達による新たな挑戦と彼らが描く未来について共同経営者3人に語り合ってもらった。

関連記事

  1. 当院の石井医師が、『「ちがい」ってなんだ? 障害について知る…

  2. 院長の伴医師が「健康と良い友達」8月号に掲載されました

  3. 石井医師の連載記事「潰瘍性大腸炎『19歳で人工肛門、現在医師…

  4. 当院看護師がマイナビ「シゴトークLive」に出演しました

  5. 当院の石井医師が医療情報誌「からころ」に掲載されました

  6. 当院の石井医師の取材記事が「MEETS CAREER」に掲載…