フジテレビFNN Live News αに石井医師が取材されました

フジテレビFNN Live News αにて石井医師のコメントが放映されました。

石井医師が中心となって開発したスマホゲーム「うんコレ」。消化器外科医になった石井医師が、外科手術の腕を磨いても受診したときには手術できないほど病状が進行している患者さんたちに出会うなかで、「どうすればもっと早く受診してもらえるのか」を考えて発案したバトルゲームです。

大腸がんや過敏性腸症候群など、腸の疾患の兆候は便形状や排便パターンに出てくることが多いもの。そこで石井医師は、便を観察する習慣の大切さを訴えてきました。ただ、自らも10歳代のころに難病の潰瘍性大腸炎を発症し、大腸を失った経験をもつ石井医師。「当時の自分は漫画やゲームにしか興味がなかった。面白いゲームで遊んでいたら、知らず知らずのうちに便を見る習慣がついていた、となれば」と、ゲームを有利に進めるアイテムをお金で買う代わりに「便の報告」で買える(ガチャが引ける)ようになっているのが最大の特徴です。

番組の取材に対し、うんコレの特徴や開発の経緯についてお話しました。

関連記事

  1. 週刊新潮3月3日号に石井洋介医師の取材記事が掲載されました

  2. 増谷事務・広報の連載コラムが更新されました

  3. 石井医師のインタビューがデジタルハリウッドの校友会のサイトに…

  4. 当院石井医師が「笑ってコラえて!秋の2時間スペシャル!」で紹…

  5. 『週刊医学界新聞』5月9日号に石井洋介医師の対談記事が掲載さ…

  6. Epigno Journalで岩本医師の連載「【DXと医療機…