当院の岩本医師が全日本病院協会の総合医育成プログラムのインストラクターを務めました

全日本病院協会では、地域医療での活躍が期待される総合診療専門医の育成事業に取り組んでいます。その中核となっているのが現役医師を対象に行う「全日病総合医育成プログラム」です。3つのコースのうち「診療実践コース」では、当直や日々の診療のなかで出会う専門外の疾患・病態に対し、適切な治療や対応をできるようグループワーク形式で学習していきます。

10月9日、松原知康先生(東京都健康長寿医療センター)の担当回に、総合診療医である岩本医師がインストラクターとして参加しました。この日のテーマは「T&Aマイナーエマージェンシー」で、「目にものが入った」「耳に虫が入った」「やけど」といったケースの初期対応についてのグループ研修をサポートしました。

プログラムの詳細は以下からご覧いただけます。
開催スケジュール:全日病総合医育成プログラム – 全日病 (ajha.or.jp)

関連記事

  1. 6月24日に第31回日本がん検診・診断学会総会にて 石井医師…

  2. 伴医師が逗子の地域医療検討会のコーディネーター(座長)を務め…

  3. 佐々木理学療法士が12月5日開催の「ケアするしごとバー」にゲ…

  4. 伴医師が逗子市の講演「第2回これからの地域医療を考える~逗子…

  5. 当院の石井医師がIBD患者の食の多様性を実現する啓発プロジェ…

  6. 岩本医師が9月7日に行われる「医療・介護者の病院DXセミナー…