増谷事務・広報の連載コラムが更新されました

事務・広報の増谷の連載コラムが更新されました。

東京都台東区の谷根千と呼ばれるエリアに、薄い紅色ののれんがかかった日本料理店がある。店の名前は「甚三紅(じんざもみ)」だ。オーナーは、「食いしん坊歯科医」を自称する萩野礼子氏(おはぎ在宅デンタルクリニック[東京都文京区]院長)。お店を一目見ただけでは分からないが、オーナーの専門性を生かし、かむ力や飲み込む力が弱い人でも、同行者と同じ料理をおいしく食べられるよう工夫したメニューが提供できる。背景には、「人生の最期まで、好きなものをおいしく食べられる世界になってほしい」という萩野氏の思いがあった。

BeyondHealth「最期までおいしい食事とお酒を」、日本料理店を作った歯科医の心意気

▼コラムはこちら
「最期までおいしい食事とお酒を」、日本料理店を作った歯科医の心意気

記事で紹介している和食店「甚三紅」は、当院でもお配りしている摂食・嚥下機能障害をもつ方とご家族のための冊子「TABERU」にも掲載されています。
おうちの診療所でも、訪問歯科と綿密な連携を取り、最期まで患者さまの「食べたい」にお応えできるよう医科・歯科の両面からサポートしています。いつでもお気軽にご相談ください。

▼関連記事

関連記事

  1. 当院の岩本医師の連載が「MEDICALDX」で始まりました

  2. 伴医師と石井医師のインタビューが当直連携基盤のwebサイトに…

  3. 石井医師が介護者がつくる認知症情報誌「でぃめんしあ」に掲載さ…

  4. 厚生労働省の広報誌『厚生労働』に石井医師の取材記事が掲載され…

  5. 当院の石井医師が日本うんこ文化学会の第1回学術集会に登壇しま…

  6. 当院石井医師がNHK総合「お試し!未来さん」に出演しました